男の人と女の人

整体スクールの資格は難易度が低い|手に職を付けるならコレ

男の人と女の人

医療に携わる仕事

医療ソーシャルワーカーは、医療現場で患者の自立を援助するために相談に乗り、問題解決を行う仕事であり、社会福祉士の資格が必要となります。大学、短大などで指定の科目の履修をした後、国家資格の合格により取得できます。そのほかにも、社会福祉主事の資格も必要となる場合があります。

看護師

高い合格率です

看護師は医療に携わる仕事のため、医療知識や実習が必要となります。専門学校や大学などでは、きちんと学習カリキュラムに沿って勉強を行なうため、看護師国家試験合格率も高い傾向にあります。まずは、進みたい大学や専門学校選びからはじめましょう。

体のバランスを整える

整体

活躍の場も様々

将来は「手に職」をと考えている東京の皆さん、整体スクールで技術を身に付けて整体師を目指してみませんか。整体師は脊椎・骨盤・肩甲骨等のゆがみやズレを整え、体全体のバランスを整えるのが仕事です。マッサージ師や柔道整復師と混同しがちですが、資格の種類や施術内容などが違って来ます。マッサージ師や柔道整復師は国が定めた国家資格です。医師との連携で治療を行う事も出来るので、治療には保険が適用されます。一方整体師は国家資格ではなく民間資格となります。医療行為を行う事が出来ないので、患者に対する行為も治療という表現でなく施術という表現となります。施術には保険も適用されず、一般的には一件の施術で3,000円から10,000円位が相場となっているようです。整体師を目指すには、民間セミナーや整体スクール、講習会などで知識や技術を習得し、資格を承認して貰う必要があります。東京には様々な形態の整体スクールがあります。民間資格という事もあり、整体スクールによって講習日数が数日だったり、逆に年単位の長期間に渡る勉強が必要だったりと様々な形態がありますので、あなたのライフスタイルや将来設計にピッタリのスクールを選びましょう。資格取得後は、整体院やリラクゼーションサロン、カイロプラクティック院、スポーツジムなどで就職する事が出来ます。勿論将来は東京で開業も目指せます。ストレスの多い東京で生活する患者さんを、あなたの技で癒してあげましょう。

マッサージ

希少価値がある

あん摩マッサージ師は、マッサージや指圧といった施術を行うことができる、国家資格です。試験を受けるには、専門学校で3年間は学ぶ必要があり、あん摩マッサージ指圧師の専門学校は国家試験の合格へと導いてくれます。実習も実践的で即戦力としての力を養うことができます。